2008/08/24(日)[製作] ヘッドフォンアンプ~その2

2008/08/24 22:35 工作::amp

仮組み

先日の測定結果より,Vds=1.1Vの値を信じてテキトウに組み合わせた.
ペア組み+チャネルわけのおおよその選別思考は以下のとおり.*1

  • P-ch/N-chの電流差は0.2mA程度まで許容する.場合によりもう少し空いてもあきらめる.
  • 左右で,P-ch/N-chの総和が,それぞれ大きな差の無いこと.
  • 3~4パラの組み合わせとなるが,できるだけ左右に同じ程度の値を割り振る.(特性カーブをそろえるイメージ.一緒か?)

で,とりあえずブレッドボードに片チャネルだけあわせてみた.

FET_AMP_01.PNG
部品点数は非常に少ないので,両チャネル実装できるか?と思ったが,クリップ類が少なくて実装できなかった.*2


せっかくブレッドボードに組んだので,出力段のシリーズ抵抗を差し替えたり,FETのパラ数違いを聞いたり,入力に発振防止?のシリーズ抵抗をバイパスしたりと聞き比べてみた.無論,エージング前・暖気もそれほどやっていない状態での試聴であることをご容赦いただきたい.

出力段のシリーズ抵抗
MPCの1Ωと0.33Ωの2種類を用意してあった.1Ω→0.33Ωでは,同じ入力ATTで音量が増えたように感じた.シリーズ抵抗が減るのだから,ヘッドフォンに入る電力が入ることから当然である.
FET3パラ→2パラ
最低BLランク3パラ以上,といわれていたので,その差分を確認したかった.条件をイーブンにするため,入力ATTを同じ値(クリック数で調整)とした.
電流そのものが変わってしまうため,当然音量は下がる.また,音量を上げたときに,低音が弱まったような感じを受けた.歪んでいて,ヘンに聞こえた可能性もある.自分の耳を信じないなら,オシロで観測すべきなのだろうか...
少なくとも2パラはダメだと判断.4パラにすべきかなぁと考える.
入力ATTの直後のR
作例だと100Ω.よさげな抵抗は91Ωを入手していた.記事にあるとおり,min/maxにボリュームを振らなければ,0Ωでも良いとあったので,+1クリック状態でバイパスした.
確かに音が変わる.高音の伸びが変わったように感じる(気がする).好みにも依るのかもしれないが,この抵抗は取っ払ったほうが良い.エージングすれば変わってくるのだろうか...
取っ払ってGND電位(ボリュームを絞りきった状態)にしたが,特に変な音は聞こえなかった.*3

とりあえずこんな感じかな...Vランクへの換装も考慮して,基板に実装するのはFETと抵抗までにしよう.OSコンをFETに近接させるなら,同じ基板に載せないといけないわけだが,悩ましいな.2.5V品のOSコンは在庫に無いぜ・・・.電圧上げて,エージングのときだけ投入電圧を上げて回復させてみるってのもアリかな.


試聴に使った曲は,水樹奈々 Secret Ambition(高音ヴォイス確認,楽曲音が溢れてる?あたりの解像度確認?),神尾真由子PRIMO(AA)収録のヴァイオリン曲(高音ソロ確認?)
ヘッドフォンはaudio-technica ATH-AD1000 オープンエアヘッドホン(AA)を使用.他に持ってない(ぉ.コミケの試聴のときに,密閉式もいいなぁと思った.外の音をシャットアウトしやすいからネェ...

*1 : 測定結果のとおり,かなりばらついており,片チャネルでも3~4パラ,8組は必要となるので,手持ちだけで試行錯誤して決めた俺ルール.理想は全部同じIdssじゃないかな...
結果,左右でIdss総和に2mA程度の差が出る模様.チャネル内でも0.3mA程度は覚悟しないとダメかな..動作時の電流を見てみないとわかんないけど.

*2 : 今気づいたが,引き出しに在庫があった気がするな...

*3 : 誤って入力を浮かすとハムノイズが聞こえた(ぉ

次回

ということで,パネル加工しないとくみ上げられない罠.
ペア組だけであーだこうだと脳内懐疑を行い,小一時間は消費した気がする.ブレッドボードいじりも1時間弱いじっていたかもしれないw.方耳だけなので疲れたわ.
パネルと言っても,スイッチとボリュームと入出力端子(3.5φのジャックかな)だけですからねぇ.

先日の基板については,どうやらケース内部の干渉する領域にあわせて基板を加工する必要がありそう.加工したところでボリュームが入らなくなるのは自明.秋月のちっさい基板に詰め込むことが確定.空中配線でも良い規模だけどネ.FETの挿抜が予想されるから,両面スルホール基板で待ち構えておくのが良いだろう.コネクタ類は,接触抵抗が増えるだけなので,パネルとの接続はハンダ付けしてしまう.取り替えるときに面倒だが,致し方あるまい.

進捗悪いのは,まぁ,よくあること.N:TMで配るかもしれない名刺の作成とか,久しぶりにゲームやったら明け方まではまったとか(マテ

NTM_namecard.PNG

こんな感じ.絵はたむ師匠.年季バックナンバーの裏表紙から引用.該当バックナンバーの在庫があるので,これをもっていく予定.もちろん無料配布w

Mega128基板も希望者に配布するかなぁ.マイコンと抱き合わせで1kとかどうだろう.今は価格下がってるかナァ.バグ入り基板だからなぁ(ISP接続)

進捗が悪くてすみませんね...まとめてからうpするほうが,読者から見ればよいのですが,モチベーション維持のため小出しにさせていただいております.*4

*4 : 小出しというか,進捗状況をそのまま出しているので出し惜しみは無いです('A`

OK キャンセル 確認 その他